読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植松努のブログ(まんまだね)

基本的に、facebookの僕の記事を転載します。

新しく高校生活を始めるひとたちへ。

入学式では、おそらく、「高校生活は、3年もある、ではなく、3年しかない、と考えてください。」と言われたと思います。
まったくその通りです。
その貴重な3年間を、「命令されることをこなす」ではなく、
「自分で考えて行動する」ことに、たくさん使って欲しいです。
 
いま、時代はものすごい勢いで変化しています。
人口は急激に減少し、そして、ロボットはどんどん高性能になっています。
この新しい時代に必要なのは、自分で考えて行動できる人です。
だから、自分で考えて、行動する練習をしたほうがいいです。
 
学校が与えてくれる勉強や部活しかやっていないと、
ロボットに負けてしまう可能性が高いです。
勉強も部活も大事だけど、それ以外にも大事なことはたくさんあります。
学校が与えてくれることは、基本的に、最低限必要なことです。
学年のみんながやることです。それは、自分の優位性になりません。そして、最低限やらなければならないことしかやっていないと、最低の人生にしかならないです。
 
学歴も成績も資格も、世界のほんの一部にすぎません。
それは、人生を保証するとは限りません。
大人が押し付けてくる、昔の常識で自分の未来を決めないほうがいいです。それは時代遅れの情報であることが多いです。
大人がいうことは、必ず裏を取ってください。本当かどうか、自分で確かめてください。
知ったかぶりの憶測の情報を鵜呑みにしないでください。
自分のやりたいことは、やったことがある人と仲良くなって、話を聞くことが一番です。
野球選手になりたければ、プロ野球の選手と仲良くなる努力をしてもいいんです。
研究者や科学者になりたければ、そういう人の講演を聞きに行って、質問するとか、講演後に楽屋に行って、自己紹介して名刺もらったっていいんです。
 
ぜひ、部活と勉強以外のことにも、たくさん時間を使ってください。
学校の人間関係以外の、異なる年齢の人間関係を増やしてください。
現在努力している、前を向いて進んでいる人たちと仲良くなってください。
せっかく、インターネットやメールが普及し、いろんな人と関わり合えるようになっています。適切な文章能力さえあれば、いろんな人と繋がれます。
人生は、フライングしたほうが先に進みます。
どんどんフライングしてください。
就活には制限がありますが、個人的に仲良くなっちゃう、には制限がないことを忘れないでください。
 
また、進路を考えるとき、先生や大人は、「なにになりたいかをしっかり考えてください。」というかもしれません。
もちろん、それを考えるのは大事です。
でも、それを考えた後に、必ず、「なぜだろう?」も考えてください。
医者になりたいと思ったら、道は一本です。
しかし、人の命を救いたい、と思ったら、道は無限です。
道が無限ということは、諦めなくていい、ということです。
スポーツ選手になりたい、と思ったときも、「なぜだろう?」と考えてください。
実は、職業や仕事とは、自分の夢を叶えるための手段です。
その向こう側を見通したら、いろんな可能性に気がつけます。
 
 
自由とは、「無制限」ではないです。
自分の考えを理由にして行動することを、自由といいます。
 
真の自由を手にするためにも、自分で考えて行動する練習をしてください。それこそが、社会人になってから大きな力になります。