読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植松努のブログ(まんまだね)

基本的に、facebookの僕の記事を転載します。

決断は絶対ではない

中学生とか、高校生とか、学生さんとか、社会人とか、
とにかく、「夢」というか「進路」について、
「決断」を迫られている人はたくさんいると思います。
 
しかし、たいていの場合、
決断に必要な情報が足りない気がするはずです。
 
そして、決断してしまって、
それがうまくいかなかったりしたらどうしよう・・・
という不安もわいてくるはずです。
 
だから、決断することが怖くて、
時間稼ぎのための、決断先送りをしてしまう人も少なくないと思います。
 
で、ちなみにですけど、
 
 
(1)決断が正しいか正しくないかは、決断しないとわからない。
 
(2)100点満点の決断はあり得ない。
 
(3)決断は絶対ではない。必ず修正が必要になる。
 
(4)人生は有限であり、意外と短い。
 
だから
 
誤った決断をすることよりも、
決断しない方が問題になる事が多いです。
誤った決断をしたなら、修正すればいいだけです。
 
正しい決断をするために一番いいのは、情報です。
情報を集める努力をすると、正しい決断の確立が高まります。
 
誤った決断の結果を修正するために一番いいのは、経験です。
経験が豊かであるほど、問題を解決しやすくなります。
 
しかし、部活や勉強が忙しすぎたり、スマホやパソコンのおかげで大切な時間を潰していたり、毎日の忙しさやルーチンワークに埋没していたりして、
情報を集めていなかったり、新しい経験を積み重ねる努力をしていない人が少なくないです。
そういう人は、不安だから、決断がしにくくなり、
どんどん年齢を重ねて、ますます選択肢が減っていきます。
そして、年齢を重ねるほどに、情報と経験を増やす努力の影響は大きくなり、他の同年代との情報と経験の差が広がっていきます。
その結果、「選ばれない」状態に陥ってる人も少なくないです。
 
いま、決断できないで迷っている人がいるとしたら、
一番よいのは、情報を集めることです。
そして、やったことがないことをやることです。
そのための時間を取り戻すことです。
 
生まれた瞬間から、人生は始まっているのです。
そして、人生は短いです。
まわりのみんなが、決断を先送りしてるから、
自分も先送りしても大丈夫、と思わない方がいいです。
 
人生は、先に決断した方が先に進めます。
 
 
決断は絶対ではありません。
どんな決断も修正を必要とします。
(なぜなら、時代は変化してるから)
 
あしもとしか見ていないと、
この足を踏み出していいのかなあ・・・
間違った道だったらどうしよう・・・
舗装道路の方がいいなあ・・・・
下り坂だともっと楽だなあ・・・
砂利道は嫌だなあ・・・
上り坂は嫌だなあ・・・
なんか、この道の先って、藪みたいなんだけど・・・
と心配になりますが、
ぐっと顔を上げて、夜空に輝く北極星を見つけたら、
真っ暗闇の中でも、東西南北、どっちにだって確信を持って進めます。
 
大事なのは、「どの道を歩くのか」ではなく、「どこに向かうのか」だと思います。
 
進路指導の時間は、その能力を磨くための時間にすべきだと思います。