読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植松努のブログ(まんまだね)

基本的に、facebookの僕の記事を転載します。

ニュータイプの覚醒

少し昔。
読み書きができると、できないとでは、
生活にものすごく差がつくようになりました。
 
特に、明治維新後の日本では、
西洋の科学技術がどんどん入ってきて、
仕事の機械化が進んでいきます。
説明書を読んだり、説明書を作ったり、という能力は、
どんどん必要とされました。
 
だから、多くの人が、お金を投じて、読み書きの力を
得ようと努力します。
 
読み書きのすごいところは、
その能力さえあれば、教えてもらわなくとも、
いくらでも自分で学ぶことができるからです。
これは、強力な自己独立性と自己発展性になります。
依存しなくても、してもらわなくても、
生き延びられるし、成長できる能力です。
 
しかし、それから時代がどんどんすぎて、
気がついたら、
「与えられたテスト問題の読み書きはできるけど、
自分の意志では、何を読めばいいのかわからない。
自分の気持ちや考えを、書き記すこともできない。」
という人が大量に作られてしまった気がします。
これでは、「教えてもらわなくても自分で学べる」能力になりません。
これでは、「読み書きできない」のと同じではないでしょうか。
 
いやいや、今の子達は、プレゼントかすごいよ。
という声もありますが、
事前に周到に準備して暗記して、身振りや手振りや表情まで、振り付け師に付けてもらったようなプレゼンには、臨機応変性はないです。
重要なのは、自分の思考と、自分の意志です。
 
見学に来てくれた学校から、お礼の手紙が届くことがあります。
時々、200人分全部が、「拝啓、新緑の候、皆様お元気にお過ごしでしょうか。先日は私たちの為に、貴重な時間を・・・・・私たちは、この経験を、今後の学校生活に活かしていきたいと思います・・・・」
という、まったく一太郎や花子の定型文かよ!な、一字一句、ほぼ変わらない、というのがあります。
正直に言うと、恐怖を感じます。
むしろ、めちゃめちゃな乱筆乱文でも、心が伝わる自分の言葉の方が、よっぽどうれしいし、勉強になります。
 
昔は、単純作業が多かったから、画一的な人間が必要とされました。
そして今も、一部の非正規雇用では、画一的な安定した性能の人間が必要とされます。でも、その労働条件はかなり厳しいです。
同じだと、比べられ、安い方に負けます。
 
学校は、「知識を押し込む場所」ではなく、
「学び方を教える場所」だと思います。
学校を卒業してから光り輝くようにです。
テストの点数がいいだけの人は、テストの点数という価値観が通用しない世界では、輝きを失います。
 
僕らは、自ら光を放つために、本当の読み書きを身につけた方がいいと思います。
そのためには、「なぜ?」を「調べる」練習をすべきです。
疑問を持ち、その疑問を調べるのです。ただそれだけです。
「うのみ」「丸暗記」ではなく「なぜ?」です。
 
そういう教育が、行われるようになりつつある現在。
「うのみ」「丸暗記」教育をがっちり受けてしまった人達は、
数年後に職場にやってくる「なぜ?」のニュータイプ人間に、
おもいっきり追い上げられることを覚悟すべきです。
 
そして、覚悟とは、あきらめる、ではないです。
来たるべき未来にそなえて、準備することです。
 
さあ。「なんかへんだな?」「そういうもんかな?」と思ったことを、調べましょう。
それが、ニュータイプの覚醒につながるはずです。
 
「うのみ」「丸暗記」「偏差値」「学歴」に魂を縛られたままにしないで。