読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植松努のブログ(まんまだね)

基本的に、facebookの僕の記事を転載します。

奇跡は余計なことしたら起きる。

ガールズアンドパンツァーの映画を見ました。DVDだけど。
 
まあ、細かいところが凝りまくりです。
なんでも、作ってる人達が、勝手にこだわってしまったそうです。
その結果、ものすごい密度の映画になってしまいました。
 
以前働いていた会社では、
「奇跡は仕様書に書かれていない」という言葉がありました。
奇跡は、お人好しが、余計なことをしたときに起きるそうです。
まったく、そうだよなあ、という経験を何度もしてきました。
 
逆に、
「そこまでする必要あるの?」
「なにむきになってんの?」
「余計なことしたら損をする。」
という言葉では、奇跡は起きないです。
それどころか、他と差別化ができなくなり、
勝負所は、安価しかなくなります。
それは、つらい勝負です。
 
安いから、沢山売らなければいけなくなって、
沢山作るから忙しくて、
金銭的にも、時間的にも余裕が無いから、
新しいことをためしたり、くふうすることもできなくなって、
それでも、ひたすら忙しいから、仕事してる気分にはなって・・・
でも、その道の先は、真っ暗闇。という状態になってしまってる人や企業は少なくないです。
 
その絶望の道から抜け出すのは、そんなに難しくないです。
売り上げを落としてでも、利益率を改善する努力をするといいです。
一時的に、支払いが苦しくなります。でも、そこを乗り切れば、
そのあとは、改善できる仕事環境になります。
 
すなわち、利益率の向上とは、時間あたりのアウトプットを増やすことと同じです。
重要なのは、時間をいかに有効に効果的に使うかです。
そこに意識を持っていければ、人生がよい回転になると思います。
 
でも、要注意なのは、節約と効率化は違うということです。
節約は、支出を減らすだけです。
効率化は、投資に対して得られる成果を上げることです。
 
時間を有効に使おうとした結果、企業の勉強会などに参加するよりも、自分一人で本を読んだりしてる方が効果的だ、に陥る人もいます。
でも、実際には、人間ほどイレギュラーな存在は無く、
人間と関わると、いろんなことを考えることになります。
そして、自分が求めていないことに出会うことがあります。
それこそが、奇跡の可能性を含んでいます。
自分の想定の範囲内には、奇跡はないです。
自分の、想定の範囲外の、イレギュラーのチャンスも重視すべきだと僕は思います。
 
奇跡は、仕様書には書かれていません。
奇跡は、余計なことしたら生まれます。
 
人生を、ショートカットするよりも、
人生を、沢山寄り道した方がいいです。
 
余計なことをしていきたいものです。