読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植松努のブログ(まんまだね)

基本的に、facebookの僕の記事を転載します。

8月27日は13時から群馬県太田市のイオンモールで講演です。

今度の土曜日は、群馬県太田市イオンモールで、
60分の講演をさせていただけます。
 
思えば、スタート地点かも・・・
僕は、児童養護施設で、児童虐待にあった子ども達と出会い、
いろんなことを考えました。
そして、自分がされていたことを思い出しました。
あまりにもつらくて、封じ込めていた記憶でした。
小学校の1年生から3年生までの担任の先生は、
生徒に気分次第で暴力をふるう人でした。
でも、その人は、家で旦那さんから暴力をふるわれていました。
暴力は連鎖します。
でも、自分より強い相手にかかっていく人を見たことがないです。
必ず、自分より弱いもの、歯向かわない者に向かいます。
だから、最後に子ども達が犠牲になるのかも・・・と思いました。
その先生が、よく使っていた言葉が「どーせ無理」でした。
 
僕は、「どーせ無理」で自信と可能性を奪われた人が、
自分より弱い人の自信と可能性を奪うのかも・・・
それが、児童虐待などにつながるのかも・・・
と考えました。
 
でも、人間は、最初は「どーせ無理」を知りません。
知らないで生まれてきます。
そんな「どーせ無理」を学ぶのはいつかな?と考えたとき、
僕は、「ああ、宇宙だ・・・」と思いました。
 
宇宙は、誰もが小さい頃にはあこがれます。
でも、気がついたら、「よほど頭が良くないと」「すごくお金がかかる国家事業」と思い込まされて、あきらめさせられます。
僕自身、飛行機やロケットが好きでした。
子どもの科学という雑誌の、二宮さんの紙飛行機が大好きで、飛行機の設計のまねごともしていました。
でもそれは、学校の成績に関係なかったです。
だから、中学の先生には、「飛行機やロケットなんてのは、東大に行かないと無理だ。お前の頭で行けるわけがない」と教えられます。
でも、僕は、飛行機やロケットを作る仕事ができたのです。
 
僕と同じ目にあう人を減らしたい。
どーせ無理に負けない人を増やしたい。
と思ったのですが、僕はその頃、ロケットを作れませんでした。
だから、僕は、二宮さんの紙飛行機教室をはじめました。
その最初が、千歳のイオンモールのシネマステージでした。
最初に来てくれた人は、1日で、3人でした。
でも、それが、僕の児童虐待との戦いの第一歩でした。
 
そして、それから12年。
群馬県太田市イオンモールのシネマステージでしゃべれます。
これも、何かの縁なのかなあ・・・と思っています。
 
イオンモールですから、交通の便もいいし、駐車場も完備だし、入場制限もなさそうだし、入場無料です。
今回のは60分だから、小学生でもがんばれるかも。
一般の方向けの講演は、とても少ないので、これは貴重な機会だと思います。
27日の、13時からが僕の出番です。
もしも、よければ、来ていただけたらうれしいです。