読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植松努のブログ(まんまだね)

基本的に、facebookの僕の記事を転載します。

大切な夢を見失わないように。

昨日は、赤平の光生舎という企業の60周年記念事業がありました。
光生舎さんは、障がいのある方々の働く場所を作り続けている会社です。
 
その記念事業として、子ども達をあつめてのロケット教室と、
周年記念のロケットの打ち上げを頼まれました。
 
子ども達のロケット教室は、いつものことなので、
特に心配事もありませんでしたが、
周年記念ロケットが心配の種でした。
 
写真の、長さ2mほどのロケットです。
この大きさで、安全の為に、ひたすら軽く作ったので、
わずかに200gちょっとです。
薄手のケント紙で出来ています。ぺらぺらです。
この機体に、光生舎さんの方々の「夢」を貼り付けます。
 
とても軽い機体を、50mほど打ち上げるのですが、
とても軽い機体は、横風が吹いても、風見安定ではなく、
そのまんま、風に流されてドリフトしていきます。
なんとなく、飛行船のような感じです。
そして、大問題は、パラシュートです。
 
会社で行った最初の試験打ち上げでは、パラシュートが展開しませんでした。
しかし、この機体は、とってもゆっくり降りてくるのです。
パラシュートの降下速度よりも、機体の降下速度が遅いと、
パラシュートは開きようがありません。
では、パラシュートを大きくしたら?
そうなると、滞空時間がのびるので、風に流される距離が長くなります。
だから、むやみにパラシュートを大きくもできません。
パラシュートの素材を、より薄くして、徹底的に揉んで柔らかくして、機体への搭載の仕方も変えてみましたが、
そこで、時間切れ。僕は鹿児島にいくわけです。
 
で、台風の影響もあり、かなり遅くに鹿児島から帰ってきて、
中学生の体験学習があって、
そこから、最後の仕上げです。
 
まず、雨が心配されました。
そのため、新型の絵画用の防水スプレーを手配しておきました。
それを、ロケットの内側にも、外側にも、たっぷり吹きます。
とてもよいスプレーで、分厚くなりません。重量増加の心配は少なそうです。
 
使用するエンジンは、通常のA8とはちがう、太いタイプです。
このエンジンが、時々、ものすごく調子が悪いです。
点火と同時に、噴射ノズルが吹き飛ぶか、
逆噴射火薬まで上にいきなり吹き上げるか・・・。
理由は、おそらく、湿度の管理だと思います。
モデルロケットのエンジンは、紙の筒で出来ています。
この紙の筒は、湿度が高いと、膨らみます。
そして、モデルロケットのノズルと、上のフタは、粘土で出来ています。
湿度が高い環境に置かれたモデルロケットのエンジンの筒は、膨らみ、そのときに、ノズルか、上部のフタを圧縮します。
そのあと、湿度を下げたり、真空乾燥をしたりしても、
一度縮んでしまったノズルや上部のフタは、元に戻らず、
その結果、点火と同時に、内圧が上がると、上下に吹き抜けてしまうのだと思われます。
これに最初に出会ったのは、モエレ沼公園で行った、
宇宙兄弟イベントの時でした。
せっかく子ども達が作ったロケットの何期もが、
このエンジンのトラブルのおかげで、壊れてしまいました。
本当に悔しかったので、沢山調べて、実験しました。
 
で、対策方法は、エンジンのノズルと、上部のフタの部分の
外筒と接する外周部分に、瞬間接着剤をしみこませることです。
でも、それでも心配は心配。
だから、予備の機体も作りました。
 
夜の内に防水加工までやって、
翌早朝に最終組たでですが、なんと、パラシュート放出部の
インロー部分が、防水スプレーのわずかな塗膜の厚さで、
渋くなってる。
急遽、テフロン系のスプレーを使って、すりあわせをして、
なんとかクリアー。
 
で、いよいよ本番。
過去の経験から予測できましたが、
休日に「希望する人おいで」パターンのロケット洋室は、
小学校の1年生が大半です。あとは、3年生以下までで、全体の90%ほどになるかと思います。
高学年で来る人は、ごく希です。
僕は、この現象に不安を感じています。
小学校の高学年くらいで、もうすでに、休日でも忙しすぎるのだと思います。
本当なら、もっと伸びやかに、自分の意志であそぶ時期のような気がします。
 
ロケット教室中は、雨が降っていましたが、
ロケット打ち上げ時には、途中、ちょっと降りましたが、どんどん天気は回復しました。
子ども達のロケットは、全部綺麗に飛んでいきました。
 
そして、記念ロケット。
ものすごく心配。
いままで、一度もパラシュート開いてない。
でも、ロケットは、ゆっくり伸びやかに加速して、
上空でパラシュートを放出。
白いパラシュートも綺麗に開いて、
それはもう、ゆーっくり降りてきました。
風もほとんど無く、青空を背景に、とても綺麗でした。
いやー、心配事が終わった。
ついでに予備機も飛ばしました。
子ども達が拾いに行ってくれましたが、
とても柔らかいロケットなので、子ども達が引っ張ったり、
強く掴んだら、いちころだと思っていましたが、
二機とも無事に回収されていました。
子ども達が、気をつかって、丁寧に運んでくれたのだと思ったら、
とてもうれしくなりました。
 
このロケットの機体には、いろんな「夢」が書かれていました。
その「夢」を見て、はっとしました。
「家族が幸せでありますように」
「お姉ちゃんがはやく元気になりますように」
「歩きたい」「走りたい」
「ラーメン食べたい」「前のように働きたい」
「パソコンをおぼえたい」・・・・
 
夢がありません。と思ってる人に、
もう一度、夢について考えて欲しいと思います。
 
夢はなくないです。夢はあります。
その夢を、どんどんかなえていくべきです。
 
だのに、夢は、職業や進路。夢は一つ。
夢は、賞賛されるようなもの。それでいて、できそうなもの。
こんな考えを、どこかですり込まれているばっかりに、
本当に大切な沢山の「夢」が見えなくなってるとしたら、
それはもう、ものすごくもったいないことです。
 
夢は、なんこあってもいいです。
どんなことでもいいです。
どんどん、かなえていくべきです。
 
 
ちょっと心配事が多かった今回のイベントでしたが、
とても切なことを、光生舎の方々が教えてくれた気がします。
やって、よかった。
 

f:id:Tsutomu-uematsu:20160911121548j:plain