読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植松努のブログ(まんまだね)

基本的に、facebookの僕の記事を転載します。

最初から一人前なんてあり得ない。だから修練しよう。

絵描きになりたかったけど、絵じゃあ食えないからあきらめた。
 
というような人は少なくないです。
 
でも、仕事としてはじめて、いきなり食える事が保障されるほうが、本当は異常です。
 
新入社員と言う人達は、会社から見たら、本当は負担でしかありません。
業種によっては、給料の半分も仕事しないかもしれません。
でも、成長することで、給料に見合った能力になるだけです。
だから、成長しないうちにやめられるのが、企業にとってもっとも損なことになります。
この損を減らすためにはどうしたらいいかというと、
成長をあてにしない仕事をさせるのがいちばんです。
置き換え可能な、だれでもその日から即戦力、という仕事なら、
企業の損はかなり減ります。
でもそれでは、企業も、その人も発展しないです。
 
僕は、社会の成長は、マンパワーの成長だと思っています。
それは、人間の能力と時間のかけ算です。
日本は、人口が減少する時代ですから、働く時間は減っています。
ということは、日本の経済成長を真剣に考えるなら、
個々人の能力の向上を真剣に考えるべきです。
 
同時に、働く人達も、自分を含めた人間の成長の価値を
真剣に考えるべきです。
自分の能力への投資はしたほうがいいです。
そして、投資するために稼ぐ努力もした方がいいです。
 
たとえば、絵が好きなら、絵を描くといいです。
儲からなくていいから、金にならなくていいから、
他の事でお金を稼ぎながら、描いた方がいいです。
そうしたら、だんだん能力が向上してきます。
そのうち、食えるようになるかもしれません。
ピカソだって、ゴッホだって、最初から売れたわけないじゃん。
 
いきなり一人前、なんて、ありえないです。
そして、「どうせ自分は半人前だから、働けないんだ。」ではなく、
「最初はみんな半人前なんだ、だから、修練するんだ」という
ガッツがあったほうがいいです。
というか、人間は永久に一人前にならないと思った方がいいです。
昨日の自分に負けない努力をしていたら、一生成長できます。