読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植松努のブログ(まんまだね)

基本的に、facebookの僕の記事を転載します。

失敗の乗り越え方の練習は今日からでも出来る!

失敗をしないことは簡単です。
 
(1)なにもしない
=能力は、低下する一方です。
 
(2)できることしかやらない
=能力は維持されますが、成長はしません。
 
(3)誰かの言うとおりにしたら、だれかのせいにできる。
=思考力も判断力も個性も失います。
 
 
失敗すると、いやです。
失敗した自分を責めてしまう人もいます。
自信を失ってしまうかもしれません。
 
でも、実は、失敗をしない努力をすると、
能力を失い、成長できなくなり、個性も思考もなくなり、
結局は、どんどん自信を失うことになります。
 
人間は、生きていくために自信が必要です。
でも、自信は、お金で買えません。
誰かを見下しても、
勝負事で勝っても、手に入りません。
 
自信は、勝負を避けても、一人ぼっちでも、守れません。
 
自信は、やったことがないことをやると増えます。
 
でも、やったことがないことをやるのは不安です。
失敗するかもしれません。
 
でも、失敗は、だめじゃないです。はずかしくないです。
失敗は、データーです。経験です。人を成長させます。強くします。
失敗して、悲しくて、悔しくて、いっぱい悩んで考えたとき、
実は、脳みそはものすごく成長しています。
失敗前とは違う自分になっています。
 
だから、大人の人にはお願いがあります。
失敗を責めないでください。失敗を怒らないでください。
「なにやってんのさ!」
「勝手なことするからこうなるでしょ!」
「だから言ったでしょ!」
心配から生じるこれらの言葉は、
失敗を絶対に許さない圧力となってしまいます。
その結果、何も出来ない、成長できない、思考できない、無個性な人になってしまうかもしれません。
 
失敗を、思考の練習のチャンスとして活用してください。
失敗をネタに、いろんなことを話し合ってください。
失敗の乗り越え方を教えてあげてください。
 
ああ、でも、すでに失敗を避けてきた大人には、
それはできないかもしれない。
 
でもね、人間は、一生失敗できるので、
失敗を避けてきた大人だって、いまからでも、なんぼでも失敗の乗り越え方の練習ができます。
 
乗り越えて欲しいです。
失敗を避ける連鎖を断ち切るために。