読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植松努のブログ(まんまだね)

基本的に、facebookの僕の記事を転載します。

草津未来プロジェクトは、本気ですごいです。

昨日は滋賀県南草津で講演させていただきました。
よんでくださったのは、KMPというNPOさんです。
草津未来プロジェクト。略してKMP。
 
どんな集まりかというと、
子育て支援のためのママさん達の集まりです。
 
このママさん達が、とても素敵で、元気です。朗らかです。
子どもの笑顔のためには、まずはママが笑顔にならなくちゃ、を
実践してる感じです。
だから、こどもたちも、元気で朗らかで素敵です。
 
650人の会場は、チケット販売から2週間で満杯になり、
100人以上のキャンセル待ちがあったそうです。
====追加訂正補足====
だと思っていたら、なんと7時間で満杯だそうです。
おまけに、人数把握をしていたので、有料かと思っていたら、
無料だったそうです。
無料で人数把握って、どうやるんだろう?
券だけ配っても、来ないかもしれないし・・・
ここにも、KMPの秘密が隠されていそうです。
============

入れなかった人がいたのか・・・と思うと、
なんとも申し訳ないです。
でも、この人数を集めたのは、まちがいなく、KMPのママさん達のハートです。
 
社会には、乳飲み子の育児支援は沢山あります。
しかし、年頃の子ども達の育児支援はほとんどありません。
進路や、人間関係で悩む子ども達と、どう接すればいいのか?を
僕らは学ばないまま、親になってしまいます。
どうしていいか、わかるわけないです。
だから、子どもが高学年になって、習いごとや塾など始まって、子どもと接する時間がなくなるほどに、親はきっとほっとします。
「手が離れた。」と言います。
でも本当は、そこから先こそが、手ではなく、心でつながり、
人間としての社会とのつながりを伝えるべき時期です。
だって、学校では教えてくれないんだから。
でも、こどもたちは、宿題と部活が忙しすぎます。
こどもたちの中には、問題を考えるよりも、なにかに打ち込んでるっぽいほうが楽だ、という子もいます。
親も、子どもも、問題から目をそらしすぎです。
本当は、小学校の高学年から中学生くらいの時期は、
部活や勉強なんかよりも、社会や人間との関わり方や、
はたらくことや、生きることの意味を考えるべき時期だと思います。
それをしないまま大人になったら、コミュニケーション能力に重大な問題が発生してしまうこともあります。
 
KMPでは、こどもたちも運営に関わっています。
とても立派です。
普通ならもうこういうのには関わらなさそうな年齢の子も関わっています。輝いています。
沢山の前向きな大人と接しています。そういう大人は、
出来ない理由を教えません。
だから、こどもたちは、伸びやかに育つのだと思います。
 
ママさん達の中には、はつらつ元気で明るい人もいます。
おとなしくて地味な人もいます。
でも、大事なのは、みんな笑顔です。それぞれの得意なことを活かしてがんばっています。
全員がはつらつ元気を強制されたら、たまんないわね。
 
一般的には、ママさん達のこういう集まりは、
子どもが手離れしたら関わらなくなってしまう人がいたり、
最初からの人ががんばり続けて、新規メンバーが入らなくて、
どんどん組織が高齢化して、衰退するケースが多いです。
でも、このKMPは、ちゃんと新しい人が入ってきます。
組織の年齢構成が、社会のようです。
子どもから、お年を召した方まで、みんな素敵です。
正直なところ、この会は、入ったら相当に勉強になるし、人生が豊かになると思いました。
 
このKMPに参加しているママさん達は、おそらく、
育児や人生について、かなり悩んだり考えたりした人達だと思います。
そして、それを投げ出さないで、何とかしようとした人たちだとおもいます。
残念ながら、問題を、あきらめたり、無視したり、投げ出したり、忘れたりして、ごまかしてしまう人達がいます。
学ぼうとも、成長しようともしない人たちもいます。
学ぶことや、成長することの価値や喜びを奪われた人達です。
問題を解決できる、という自信を奪われた人達です。
自己肯定感を奪われた人達です。
そういう人の周囲には、あきらめたり、やめたりする人が多いです。
そして、そういう人達は、子ども達にもそれを教えます。
これは連鎖します。
 
企業の経営者の中にも、
経済状態がどんどん悪化していることに愚痴を言うだけで、
政治や政府のせいにして批判して、
努力する人達を「よーやるわ」「意味なくね?」「ええかっこしい」とバカにする人達がいます。
講演会などに誘っても「それ、行ったらお金になるの?」「売り上げが増えるんなら行ってもいいよ。」なんて、平然と言う人達がいます。
 
でもね、「こういうことをやると、儲かるよ」という話にしか興味を示さない人は、ぜったいにうまくいかないです。
なぜなら、そんな簡単に儲かる話なんて、誰でも出来てしまうからです。
自分もやるけど、他人もやる。そのあとの差は、個人の努力と工夫でつきます。
でも、「儲け話」をあてにしてる段階で、思考も努力も工夫もありません。
だから、差を付けられるわけがないです。だから、また元通りに、儲からない人生です。
そして、また、愚痴を言い、がんばる人の足を引っ張る日々です。
これは、社会にマイナスです。社会の敵です。
パブリックエネミーです。
 
問題を、解決しようとする人達がいます。
問題を、誰かのせいにしたり、投げ出したりする人達がいます。
どっちがいいかって、そりゃもう、問題を解決しようとする人達です。
なぜなら、人生は問題だらけだからです。
一つの問題を投げ出したって、またすぐに次の問題がやってきます。
だから、毎日を生きていくだけで精一杯になり、自分の事しか考えられなくなります。
不安で、自信が無くなって、誰かを助けようなんて気持ちは起きてこないです。
社会のために、ではなく、社会を自分に都合よく利用しようとします。
 
ところが、問題を解決する努力をしていたら、問題を乗り越える力が身につきます。乗り越えるほど、強くなります。
だから、多少の問題なんて、へっちゃらになります。
安心できます。自信がわきます。だから、優しくなれます。
そういう人達が、助け合える社会を作ります。
 
草津NPO,KMPという集まりには、
あるべき社会の形が見えます。すごい可能性です。
ぜひ、KMPの活動に関わってみたらいいです。
問題を解決できる能力が身につくと思います。