読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植松努のブログ(まんまだね)

基本的に、facebookの僕の記事を転載します。

嫌な人に負けないために。

僕は、飛行機に沢山乗ります。
だから、マイレージカードが黒いです。
おかげで、常に、ファーストクラスの対応をしていただけます。
 
飛行機の搭乗手続きも、別なレーンから入れます。
そのレーンでも、することは、他のレーンと変わりません。
でも、違いがあります。
そこで働く係の方達が、みんな、すばらしくにこやかで丁寧で上品です。
 
ずーっと、その違いを疑問に思っていたので、
僕以外にお客さんがいないときには、
なるべく、「なぜ上品なのか?」を質問するようにしています。
でも、たいていは、「そんなことないですよー。えへへへへ。」でごまかされてしまうのですが、
ようやく、比較的ちゃんとした答えを得ることが出来ました。
 
特別扱いレーンの手荷物検査の係の人が上品な理由は
(1)お客さんとの接し方がよい人が選抜されている。
(2)接するお客さんが上品なので、比較的嫌な思いをしない。
だそうです。(もちろん、空港ごとに違うと思いますが。)
「ふふふふふ、思った通りだ。」(SETの村祭りのコント風に)
 
時々、空港のカウンターや、駅で、大声を上げている人がいます。
働いている人を捕まえて、怒鳴りつけています。
でも、そんなことしても、飛行機の遅れは取り戻せないし、
電車もはやくは動きません。
重要なのは、「最善を尽くす」です。
もしも急いでいるなら、違う方法での移動を考える方がいいです。
僕は、飛行機や新幹線が遅れそうだったら、
即座に、違う移動方法に切り替えます。
切符の払い戻しなんて、後からでも出来ます。
そうしないと、スケジュールを守れないです。
(以前、航空会社が提示した代替手段を信じたら、ものすごく時間がかかったどころか、他にもっと速い移動手段があったことを知り、がっかりしました。だから、その後は、自分で調べて判断しています。)
 
人間は、怒られたり、怒鳴られたりしたら、体が防衛します。
アドレナリンがでて、興奮状態になります。
そうなると、正常な判断ができなくなります。
先日も、身なりのしっかりした女性が、空港内の案内の女性を捕まえて、罵声を浴びせていました。
「あなた、そんな働き方でいいと思っているの!」
「親の顔が見てみたい」
「仕事をなめてるんじゃないの!」
「どうおもってるの?返事をしなさい!」
を、繰り返しています。聞いてる方が具合悪くなります。
とりあえず、その人に道を尋ねるふりをしたら、そのおばちゃん(あ、丁寧な表現を忘れてた)は去って行きましたが、
文句を言われていた女性は、顔色が青ざめて、手が震えていました。
おそらく、彼女は、このあとは冷静な対応が出来ないと思います。
 
世の中には、嫌な人がいます。
たいていは、「協議」が出来ない人です。
自分の都合だけを相手に押しつけて、
自分が良ければ、ほかの人が苦しんでもしょうがない。という人です。
または、「教育(自慢)してやる!」人です。
自分以下を作ることで、自分を守る人は、必要以上に人に説教をしてくれます。(しかも、内容は自慢なので、時間の無駄です。)
こういう人達に共通しているのは、
「自分より強い相手には、絶対にやらない」です。
この人達がけんかを売るのは、相手が歯向かってこないことがわかってる時だけです。
(市役所の窓口のひととか、先生とか、お店の人とか・・・)
相手によって、態度を変えるなんて、とても卑怯な人種です。
 
そういう人に関わると、自分もそうなってしまうかもしれません。
だから、僕は、そういう人と関わらない努力をします。
 
でも、関わらざるを得ない人もいると思います。
そういう時は、それぞれの職場に、そういうときの対応マニュアルがあると思うので、それに従ってとりあえず乗り切ってください。
で、大事なのは、そのあとです。
心の中が、いらだっているのを、抑えることが大事です。
僕は、感動できるような、映画やアニメを見ます。
信頼とか、愛情とか、優しさとかが、「あたりまえだ」の世界と関わります。そうすると、すさんだ心が回復します。
未来少年コナンは、とてもいいです。
ほかにも、いいお話しは沢山あります。
信頼と友情なら、ブラックホークダウンかな。バンドオブブラザーズもいいです。(戦争映画だから、視聴注意です。)
(太平洋戦争を描いたパシフィックは、心がすさむかも。)
 
だから、やっぱり、映画とか、アニメとか、音楽でもいいです。
とにかく、沢山のものと触れておくと、
いざというときに、それらが心を支えてくれると思います。
 
最近、本も読まない。アニメも見ない。映画も見ない。という若い人が増えていますが、そういう人は、いざというときに、
自分の心を守ることが難しいかもしれません。現実に押しつぶされるかもしれません。
 
だから、いい作品を沢山見て欲しいと思います。
きっと、強くて優しい人になれると思います。
(僕はもっぱらDVDですけど。映画館に行く時間があんまりないもんで・・・)