読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植松努のブログ(まんまだね)

基本的に、facebookの僕の記事を転載します。

興味と好奇心と思考力を失うと、大変なことになる。

昨年、北海道で悲しい自動車事故がありました。
法定速度を大幅に超えた車が、赤信号を無視して交差点に進入し、軽自動車と衝突しました。
 
しかし、事故を起こした車の運転手は、
「速度超過していない」「青信号だった」と主張しています。
 
少し昔におきた殺人事件では、残酷な事をしていても、
「殺す気はありませんでした」
「死ぬとは思いませんでした」
と主張した人もいます。
 
いじめで悲しいことがおきた学校では、
「知りませんでした。」
「気がつきませんでした。」
と、記者会見でしゃべる校長をよく見かけます。
 
気がつきませんでした。
知りませんでした。
わかりませんでした。
そうなると思いませんでした。
 
これでは、
周囲に対する興味や関心が低く、
自分の行為の結果を予測する能力が低い人は、
めちゃめちゃ危険な人ということになります。
 
残念ながら、興味も好奇心も、思考力も、
現在行われている、受験対策の暗記型テスト勉強と相反するものだと、僕は思っています。
点数だけに注目した学力向上に力を入れすぎると、
危険な人間を作り出してしまうかもしれません。
 
昔、「愛がゆく」という漫画がありました。
未来人が攻めてきます。そして、現在人をある機械の前に立たせます。
すると、その機械が、その人間を評価して、額に点数を焼き付けます。
未来人は、その点数を基準にして、「社会のためには、何点以下は不要」となったら、ぼんぼん処理していきます。
その評定は、心の優しさよりは、頭脳や成績を重視しているように見えました。
僕はその漫画を見たときに、本当に怖くなりましたが、
学校のやってることとおなじだなあ、と感じたものです。
 
小学生の頃に、みんなで手つなぎ鬼とかしてあそんだのに、
中学生になったら、成績がいいか、悪いかで、階層が出来ていきました。平等にはあそべなくなりました。
悲しかったです。
 
社会に出たら、学校の成績なんてどうでもよくなります。
興味と好奇心と、思考力は、強い価値になります。
だから、興味と好奇心と思考力を奪われないように気を付けて欲しいです。