読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植松努のブログ(まんまだね)

基本的に、facebookの僕の記事を転載します。

「わからない」自分を責めないで。

考え事をするときに、
いろんなことがごちゃごちゃになって、
「あー、もう、わかんねー!」
になってしまうことがあるかと思います。
 
そういうときは、
実は、「わからない」のは、結果です。
「わからない」自分を責めてはいけません。
なぜ「わからない」のかを考えるのです。
 
おそらく、最大の要因は、原因と結果の分離が出来ていないことです。
 
簡単に言うと、「困ってること」を紙に書き出すといいです。
次に、「なんで困るのか?」を書き出すといいです。
そうしたら、考えがすっきりしてきます。
慣れたら、紙に書かなくてもできるようになります。
 
「わかんねー!」ってなったときに、
「わかんない」自分を責めると、もう考えられなくなります。
なぜそうなったのか?
それは、学校で問題が解けなかったときに、
「なんでこんな事も出来ないんだ!もっと真剣にやれ!」
と怒られるからです。
だから、「出来ない自分」「わからない自分」が悪いんだと思い込んでしまうのです。
 
でも本当は、おしえた相手が、できないときは、教え方を工夫すべきです。
先生の役目は、生徒に能力をあたえることです。
やれって言って、できるのは、あたりまえです。
やれって言って、できないなら、出来るように支えるべきです。
ところが、「他のみんなが出来てるから、俺の教え方は間違っていない。わからないお前が悪いのだ」をやってしまうと、
できないこは、いつまでたっても出来ないばかりか、
できない自分を責めるようになります。
 
たとえば、クラスに一人、日本語が出来ない子がいたとします。
そのクラスで、日本語の授業をしたら、日本語がわからない子は、当然理解できないです。それは、その日本語が出来ない子が悪いのでしょうか?僕は悪いとは思わないです。
 
日本語が通じているようでも、通じてない相手は、大人でもたくさんいます。
だからこそ、伝える努力、知ってもらう努力は、不可欠です。
 
だから、「わかんねー」自分を責めないで。
なぜわからないのかを考えたら、わかるようになるから。