読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植松努のブログ(まんまだね)

基本的に、facebookの僕の記事を転載します。

3月31日は神戸で講演させていただけます。

今年の3月31日に、神戸で講演させていただけます。
この講演は、ちょっと変わっています。
対象は、一般の方。人数は3千人。入場料は無料です。
そして、企画したのは、普通のお母さん達。

今僕は、基本的に「学校」と「企業」での講演を引き受けています。
不特定な希望者を対象とした「一般の方」向けの講演は減らす努力をしています。
なぜなら、「希望」して「来る」段階で、前向きだからです。
これは、PTA向けの講演で強く感じました。
PTAの講演に集まる人は、たいていが教育や子育てに熱心な人達です。肝心の聞いて欲しい人達は来ないです。
(ただし、そういう講演会は、聞いてくださる方々の共感性がとても高いので、話をする身としては、とても話しやすいし、うれしいです。でも、その気持ちよさに埋没してはならないと思っています。)

僕は、学校や企業という、無理矢理集められる環境で、
本来なら聞く気もなかった人達に聞いてもらえるほうがいいと思いました。
そして、一般向けの場合、だいたいが数百人対象です。
でも、学校向けや企業だと、500人〜1000人規模になります。
それも、身体が一つしかない僕としては助かります。

でも、今回企画してくださった方は
「学校に行けていない子。学校を卒業したけど働けていない子に話を伝えたい。そのために「無料」にするんです。」とおっしゃいます。
なるほど。僕にはその視点は欠けていた。

ということで、この神戸の講演は、今年も数回しかない「一般の方が参加できる講演」で「しかも無料」で、入場キャパシティは膨大です。
でも、主催の方々が小規模なので、おそらく、いろんなことが足りないはず。
「自分に何が出来るのかわからない」で悩んでいる人は、お手伝いを名乗ってみたら、いい経験が出来るかもしれません。

ただし、僕の懸念は、過去の経験上、「無料」故に人が集まらない可能性があることです。
主催の方のせっかくの思いと努力が、多くの人に伝わればいいなと思います。

camp-fire.jp