読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植松努のブログ(まんまだね)

基本的に、facebookの僕の記事を転載します。

カザフスタンの子達が来てくれたよ。

今日は、カザフスタンの高校生が来てくれました。
 
もちろん、僕はカザフスタン語はわかりません。英語も、以前アフリカの人達が来たときに、講演の英語版を作ったのですが、そのデーターをうっかり消してしまって以来、英語化してません。
今回もがんばったけど間に合わず。
今回は、通訳の人ががんばってくれました。
 
僕の講演は、おそらく、言葉数でいったら、通常の講演の2倍くらいは詰まってるような気がします。詰め込みすぎです。
それを、通訳の方は、がんばってくださいました。
 
カザフスタンと言えば、バイコヌール。
ロシアのロケット基地があります。
だから、カザフスタンの人にとっては、ロケットは日常で、みんなロケット飛ばしたことあるんじゃないかな、と思っていましたが、そうでもないようです。
 
ロケットを作るとき、いつもの通り、作り方を教えないで始めたのですが、今回、彼らの内の1グループは、みんなでディスカッションしながら1機を完成させ、それから、各自のロケットを作る、という作戦に出ました。初めてのパターンです。おもしろいです。
日本語の説明書だったのに、かなりの短時間でロケットを完成させました。デザインもとても綺麗です。
 
幸い、風も弱く、小雪がちらつく程度で、気温もしばれていません。
彼らのロケットは、100%の成功率でした。素晴らしい。
 
最後の方は、カザフスタン語と、英語と、日本語の、三角通訳になってましたが、それでも、僕の気持ちも伝えていただけたと思いますし、彼らの優しさと興味と好奇心もびしびし伝わってきました。
そして、「自信」の大切さも、国が違えど同じなんだなあ、と思いました。「自信のない人が、ほかの人の自信を奪う。それがいじめになっていく。」という部分では、うなずいたり、神妙な顔をしたりして聞いてくれていました。
 
言語が通じない人とも、なんとなく通じ合える。
だったら、言語が通じる人とは、もっと通じ合えると思います。
日本人。もっと仲良くなれるはず。