読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植松努のブログ(まんまだね)

基本的に、facebookの僕の記事を転載します。

年上を敬え、という人は、尊敬できない人のことが多い。

僕が時々違和感を覚えるのは、
「年上を敬え」という圧力を、
「年上」が「後輩」に押しつけるシーンです。
 
え、それって、「俺を敬え!」って言ってるってこと?
あのー、すいません、何様ですか?
 
主に体育会系経験者によく見られる言動かな、と思いますが、
そうとも限りません。
体育会系の情報を又聞きして、よくわからないままに劣化コピーしてやってる文系の人もいます。
 
で、ちなみに、こういうことを自分で言っちゃう人は、
年下から敬われていないと思ってる人です。
そして、敬われないのには理由があります。
尊敬や信頼を得られない行動をしています。
 
僕はいろんな大学生と関わりますが、
プロジェクトマネージャーに、うっかりこういう人がなったら
悲劇です。
高圧的にいばりちらし、的を得ないちぐはぐな命令をします。
具体的な指示をしないくせに、他人がやったことに対しては、
文句をつけ、修正をかけます。
こんなことされたら、すべきことは一つです。
「そんなに言うなら、お前やれよ!」です。
そうすると、怒鳴り散らす先輩は、「お前ら、年上を敬え!」と、さらに圧力をかけ、説教をします。
悪循環完成!
 
長く生きていると、人生経験が豊富になる可能性は高いです。
でも、長く生きているから、人生経験が豊富とは限りません。
だから「年齢」で優劣や上下を決めるのはナンセンスです。
 
少し昔の軍隊では、「命令に従わないと成立しない」システムでしたから、命令が間違っていようがいまいが、余計なことを考えずに、命令に従うことが重要になりますが、現在では、その方法では、指揮官が負傷した場合などに、チーム全体が機能を失うことがわかっているので、兵士一人一人の思考能力が重要になっています。
でも、いまだに、第二次世界大戦当時ばりの「命令服従システム」が生き残ってる世界は、おもったよりあります。
でも、そういう組織は、これから、どんどん力を失っています。
 
僕は、たしかに、いろんなことを経験してきました。
そんな僕がすべきことは、その経験を自慢することではなく、
有効だった経験を、いかに仲間に伝えるか、です。
いかにして、後輩を、自分以上の場所に押し上げるのか?
そして、自分は、そんな後輩に負けないように、よじ登り続けるのか?
それがきっと大事だと思っています。
だから僕は、沢山の本を読みます。沢山の人と話をします。
それが、僕の必死の「よじのぼり」です。
 
「俺を尊敬しろ!」「俺を敬え!」って、どんな悪役ですか。
ばかなこと言ってないで、よじ登った方がいいよ。
そして、後から来る人に、ザイルをおろしてあげな。
足場をつくってあげな。
きっと、信頼され、必要とされると思います。