読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植松努のブログ(まんまだね)

基本的に、facebookの僕の記事を転載します。

ロケットは軽さが命です。

ロケットが好き。ロケットを作りたい。という学生さんが増えてる感じがするのは、
とてもうれしいことです。
 
でも、時々感じる違和感があります。
 
ロケット作りたい子達は、カーボンにやたらこだわります。
GFRPより、カーボンの方が偉い、という偏った価値観を感じます。
そして、彼らは、全長2mもないようなロケットをカーボンで作ろうとします。
でも、そのくらいの大きさのロケットをカーボンで作ると、
強度的に完全にオーバースペックです。
カーボンの厚さを、0.5ミリでも、まだ強度がオーバーです。
実際には、厚さ1.5ミリ程度で作ってしまいます。
ということは、完全なデッドウェイトです。
 
重力と戦う宿命のロケットには、軽さが求められます。
ましてや、ロケットは、自分の重さを速度に変換して飛びます。
だから、速度に変換できない重さは、なるべく減らした方がいいです。
だから、なおさら、ロケット本体の重量は軽い方がいいです。
 
他人に自慢できる偉そうなロケットを飛ばしたいのか、
それとも、重力を振り切って上空を目指したいのか。
 
空を飛ぶものを設計するときに、「軽さ」を意識しない設計者は一流ではないと思います。
かつて、堀越二郎という人が、零戦の開発時に、徹底的に重量軽減をしました。
機体のそこら中に重量軽減の為の軽め穴を開けたのは有名です。
他の航空機設計者は、その軽め穴のことを「バカ穴」と喚び、あざけったそうです。
そういう設計者は、強度管理も、重量管理にも失敗しています。
作ってみたら、思った以上に強かった!なんて、あり得ないです。
バランスをとるために、バラストを詰む、なんてのも、あり得ないです。
でも、堀越二郎を笑った人達の飛行機は、そういう飛行機でした。
 
ロケットが重くなると、エンジンの推力を上げないといけません。
そうすると、エンジンが重くなります。使う燃料などの量も増えるから、タンクも大きくなります。それをおさめるためのロケット本体も大型化します。だから、ますます強いエンジンが必要で・・・
これをグロースファクターとよびます。
この悪循環から抜け出すためには、軽さの追求が重要です。
 
今年のスペースプローブコンテストには、ロケット部門も作ります。
スペースプローブとなると、電子機器の知識も必要になるため、ハードルがやや高いですから、
もう少し簡単にエントリーできる部門を増やすことにしました。
今年のロケット部門のレギュレーションは、
指定されたエンジンで、指定された高度まで打ち上げる。そのとき、一番体積のでかいロケットが勝ち。の予定です。
エンジンが指定され、高度が指定されるということは、重量が指定されるのと同義です。
その状態で、最も体積が大きいロケットが勝ちですから、いかに軽く作るかが勝負になります。
(一応、この方向で進んでいますが、詳細はちょっと変わるかもしれません。日程などは、まもなく紹介できると思います。)
 
技術者が、高価な材料や、高級な部品に目を奪われてどうする。
あなたの技能は、あなたのプライドを保つためのものなのか?
 
そんな足下すぐそばを見てどうする。
大事なのは、遥か遠くに輝く目的です。