読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植松努のブログ(まんまだね)

基本的に、facebookの僕の記事を転載します。

お金で買えない喜びについて

植松電機には、いろんな国の人が来ます。
宇宙開発を、教育に活用できると考える人達です。
 
僕は、宇宙開発は、科学の発展の為や、よりよい社会のために必要だとおもっています。
そして、宇宙は南極以上に公共の場所なので、金儲けに結びつけるべきではないと思っています。
それに賛同してくれる海外の方たちとの会話の中で、
なぜ宇宙開発が教育につながるのかが、なんとなくわかってきました。
 
人生の目標が「お金」であったならば、
一番効率的なのは、「持っている人から奪う」になります。
もちろん、暴力で奪う事もできますが、嘘をついたり、騙したりして、奪う事もできます。
価値の無い物を、価値があるよ、と言ってお金を集めることもできます。
または、「お金」とは「してもらう」ためのものなので、
だれかに不当に安価に「させる」ようになるかもしれません。
 
しかし、人生の目標が自分自身の成長であるばあいは、
「努力」や「勉強」や「経験」が重要になると思います。
 
僕は、「宇宙」は、お金では買えない喜びを感じられるフィールドのように思います。
お金では買えない喜びを、古来から人は「夢」と呼んだのかもしれないと思っています。
でも残念ながら、「夢」をお金で売りつけようとしたり、買わせようとしたりしてる人も少なくないです。
そのとき、「夢」は、「他者評価」にすり替えられ、
人の目を気にして、お金を払わなければいけない状況が生み出されるのだと思います。
 
お金は生活する上で大事です。でも、お金はすべてでは無いです。
僕は、「お金で買えない喜び」を理解する人が、今よりもっと増えたら、増えた分だけ、今より優しい社会ができるような気がします。
そのために、僕らの宇宙開発が、役に立てばいいなと思っています。