読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植松努のブログ(まんまだね)

基本的に、facebookの僕の記事を転載します。

大人の経験値が、子どもの可能性を増やす。

人生は、なかなか思うようにはならないです。
一発目からうまくいくことなんて、ほとんど無いです。
 
そして、人間は、一度しか生きられないから、
やったことがないこととしか出会わないです。
だから、みんな確実に失敗します。
思うようにならなくて、悲しかったり、悔しかったりします。
 
そのときに、どうするかがだいじです。
 
うまくいかなかった原因を考えて、
対策して、もう一度トライするのが、もっとも効果的です。
 
ところが、うまくいかなかった時に、
自分を責めてしまう人がいます。
もしくは、誰かのせいにしたり、なにかのせいにしたりする人がいます。
その場合には、そもそもリトライをしていないので、
うまくいくことはないです。
失敗の記録しか残らないです。
 
そういう人は、「世の中そんなに甘くない。夢は叶わない。」と言うようになります。
でもそれは、正しくないです。
そして、そういう人だって、もともとそうだったわけではありません。
後天的に、「あきらめる人」にされています。
 
「なにやってんの!」
「勝手なことするからそうなるでしょ!」
「だからいったでしょ!」
「やったことがないんだから、やめておきなさい!」
 
子どもが失敗すると、こういう言葉をぶつける大人がいます。
この言葉は、心配から生まれてくるのだと思います。
でも、この言葉は、「あきらめる人」を生み出す危険性があります。
 
赤ちゃんが、つかまり立ちを始めたとき、どう思いましたか?
赤ちゃんが転んだとき、なんていいますか?
 
「なにやってんの!」
「勝手なことするからそうなるでしょ!」
「だからいったでしょ!」
「やったことがないんだから、やめておきなさい!」
 
って、いいますか?
いわないでしょ?
 
転んでも大丈夫なように、準備しますね?そなえますね?
転んだら、励ましますね?
努力したことを、褒めますね?
 
なぜそれを、やめてしまうの?
なぜ、真逆のことをやるの?
 
この、切り替わりが、なぜ生じるのかを考えたら、おもしろいと思います。
 
ちなみに、僕の考えでは、
「子どもが、自分の経験の範囲内の場合は支えられるが、
自分の経験の範囲外のことをやろうとしたら、制限する。」かな、
と思っています。
 
ということは、大人の経験値が低いほど、その大人が育てられる子どもの世界は狭くなる、ということかもしれません。
 
経験値は、
(1)本を読む
(2)人と関わる
(3)やったことがないことをやる
によって、容易に増えます。
 
ぜひ、経験値を増やして欲しいと思います。
未来の社会のために。子ども達の可能性を増やすために。